So-net無料ブログ作成
検索選択

<普天間>「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相(毎日新聞)

 「政治とカネ」の問題などで内閣支持率が低迷するなか、鳩山由紀夫首相は31日の党首討論でも防戦に追われた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題では「必ず成果を上げる」と強調したものの、「真摯(しんし)に行動する」「全力を傾注する」などと具体性は欠いたまま。一方、前回の党首討論で首相を攻めあぐね、批判を受けた自民党の谷垣禎一総裁は背水の陣で臨んだ。首相の退陣を求めるなど厳しく追及する場面もあり、なんとか踏みとどまった。【須藤孝、中田卓二】

 ◇「命がけで行動」…鳩山首相

 党首討論のハイライトは普天間問題だった。「命がけで、体当たりで行動し、必ず成果を上げる」。首相は普天間問題の5月末決着に並々ならぬ意欲を示した。また「13年かかって辺野古の海にくい一つ打てなかった」と、混乱原因は自民党前政権にあるとも主張し谷垣氏を挑発したが、谷垣氏が「(政府案は)いつになったら明らかになるのか」と話が具体論に及ぶと、「いましばらくお待ちいただく」と途端に歯切れが悪くなり、具体論ではまったく精彩を欠いた。

 首相の元秘書を巡る事件でも、「私が存在していなければ、彼がこのようなことにならなかったことを思えば申し訳ない思いだ」と弱気な面をのぞかせ、「政権交代して政治を変えたいという国民の期待に応えることで、責めを果たしていきたい」と抽象論に終始した。

 公明党の山口那津男代表には、「命を守る」という施政方針演説で多用したフレーズを持ち出し、「これからは実感を伴ってくる。新たな政治が始まったことを国民に理解していただく」と予算成立や子ども手当などの成果をアピール。だが、山口氏が「政治とカネ」で「率先垂範をやらないとますます支持率は下がる」と指摘すると、「ご心配には及びません」と語るしかなかった。

 「政治とカネ」、普天間、郵政民営化などで政権のイメージは大きく傷ついた。首相には自らのリーダーシップで政権を立て直したいとの思いがある。だが、党首討論で見せ場は作れなかった。民主党内には「政治とカネの話は飽き飽きした。ああいうことなら、やっても意味はない」(平田健二参院国対委員長)と首相擁護論もあるが、中堅参院議員は「野党側にはこれからもいくらでも攻める材料がある」と夏の参院選に向け不安を口にした。

 ◇未決着なら退陣を…自民・谷垣総裁

 「5月末までに(決着)できなかったら日米間の信頼を決定的に損なう。その時には首相は退陣なさらなければならない」。自民党の谷垣総裁は持ち時間の最後で、普天間に絡めて首相に退陣を迫った。2月の前回討論では事前に周囲から助言されながら、切り出せなかったフレーズ。党内で執行部批判がくすぶり続ける中、ようやく出た攻めだった。

 自民党は4月1日から3日間、両院議員懇談会を開催し、自由に意見交換することで結束固めをもくろんでいる。その前日の党首討論で谷垣氏が再び失態をさらせば、自身の辞任論が蒸し返されかねない瀬戸際の場面だった。終了後、谷垣氏は「評価は人がなさる」と自己採点を避けつつ、「首相の言葉が必ずしも重みがないことを浮かび上がらせることができた」と手ごたえも口にした。

 2月の討論での谷垣氏の質問ぶりを月刊誌で「ふぬけ」とこき下ろした与謝野馨元財務相はこの日、東京都内の個人事務所で論戦を見守り、「前回に比べておもしろかった。あれくらいは言わないとだめだよな」と評価した。

 だが、党内には「もともと期待値が低い」という冷ややかな声もある。首相の資金管理団体を巡る偽装献金事件で国会への資料提出を要求しながら、首相が回答をはぐらかすとそのまま次の質問に移るなど、詰めの甘さものぞいた。ベテラン議員の一人は「首相がポイントをずらした答弁をしても、それを修正できない。郵政問題はなぜ取り上げなかったのか」と首をひねった。

 一方、公明党の山口代表は、「内閣の機能が不全に陥っている。こんな体たらくでどうするのか」と切り出した。民主党への「すり寄り」批判に敏感になっている党内の空気が山口氏の姿勢にもにじんだ。

【関連ニュース
鳩山首相:郵貯限度500万円主張「5年前の話だ」
郵政改革:首相、連立を優先 郵貯上限2千万円
普天間移設:政府案「複数も」…鳩山首相
偽装献金:ずさん「首相マネー」 実母の12億円は闇
偽装献金:鳩山首相「責任感じる」 自民「使途の説明を」

<大学認証評価>静岡大大学院は「不適合」(毎日新聞)
歯科医院でガス爆発、4人搬送 大阪・茨木市(産経新聞)
上司に怒られると思い…巡査が当て逃げ容疑(読売新聞)
<東京都>五輪招致委の名称変更 7月から「スポーツ委」に(毎日新聞)
インサイダー取引で税理士ら4人に課徴金 最高で1127万円(産経新聞)

工事現場に男性遺体=遺棄容疑で20歳男逮捕−茨城県警(時事通信)

 茨城県稲敷市の工事現場に男性の遺体を埋めたとして、県警捜査1課などは24日、死体遺棄容疑で同県龍ケ崎市、土木作業員飯嶋翔太容疑者(20)を逮捕した。同課などによると、同容疑者は「女性トラブルから数人で暴行し、死んでしまったので1人で埋めた」という趣旨の供述をしているという。
 同課などは、遺体は龍ケ崎市に住む溶接工の男性(18)とみて身元確認を急ぐとともに、男性が死亡した経緯を調べている。 

【関連ニュース
【特集】逃走2年 英国人女性死体遺棄〜事件の経過を振り返る〜
電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡
同僚殺人、3人に懲役19〜10年=裁判員ら「間に休日を」
自宅アパートを検証=女性会社員遺棄事件
現場責任者ら2人を書類送検=作業員死亡事故で

<郵政改革案>30日に閣僚懇談会で最終案 鳩山首相が表明(毎日新聞)
国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告−人事院(時事通信)
パチンコ店に強盗 300万と換金用景品奪う(産経新聞)
容疑者拘束、日本政府も確認=情報提供要請へ−ギョーザ事件(時事通信)
九州新幹線の線路工事完了=東京−鹿児島間1本に−熊本(時事通信)

京友禅に地図・動物・果物!女子大生デザイン(読売新聞)

 京都市立芸術大美術学部でビジュアルデザインを専攻した4年の女子6人が、動物や地図などユニークな模様の京友禅の振り袖をデザインし、23日の卒業式で披露した。

 6人の考えた色や柄に基づいて、京友禅の職人らが染めや仕立てをし、西陣織の職人が合う帯を作った。経費計約300万円は、企画した市が負担し、今後は展示などを行う予定。

 白地にオウムやイチゴをちりばめた着物姿の山岡由衣さん(23)(大阪府豊中市)は「ポップな柄なので、肩ひじ張らず気軽に着られます」。

<DNA誤登録>採取時、記名せず…神奈川県警(毎日新聞)
<野焼き3人死亡>逃げるよりも早く火が…強風下なぜ強行(毎日新聞)
民主・平田参院国対委員長、閣内対立に「あの顔ぶれだから」(産経新聞)
「ザ・コーヴ」出演女優、現地で漁中止訴える(読売新聞)
首相動静(3月21日)(時事通信)

ウィーン少年合唱団で性的虐待か(スポーツ報知)

 世界的に有名なウィーン少年合唱団で12日、指導的立場の職員や年長の団員らによる性的虐待疑惑が浮上、同合唱団は過去に性的虐待が行われた可能性があるとして調査を行うことを明らかにした。同日、オーストリアのスタンダード紙が伝えた。同紙では、1960年〜80年代に在籍した元団員が性的虐待を受けたなどとする証言を掲載している。「天使の歌声」とも言われる合唱団で何があったのか…。

 スタンダード紙に衝撃の告白が掲載された。同紙によると、ベルリン在住の元団員の医師(33)は10歳の時の米国公演の際に、年長の団員から性的行為を強要されたという。また、年長の監督者から目の前でシャワーで性器を洗うよう命令されたこともあるとする証言も紹介している。ほかの団員も同様の被害に遭ったといい、元団員は「屈辱で食事ができなくなり、退団した」と述べている。

 ミュンヘン在住の51歳の心理学者の元団員も“過去”を告白。バスで移動中に年長の団員から、約1時間にわたり太ももに手をおくよう強制されたとしている。

 合唱団は少年に対する性的虐待疑惑について「調査する」とした声明を発表。「何十年も前の主張について、具体的に言及することはできないが、(性的虐待が)起こっていた可能性はある」と認め、元団員に対し「名前、日時、関連したことなどを情報提供してほしい」と呼びかけている。現在の合唱団は「教育学に基づいた適切な指導が行われている」とし、性的虐待などはないと強調した。

 「天使の歌声」とも言われ、日本でも人気のウィーン少年合唱団は、1498年に創設されたハプスブルク王家ゆかりの少年聖歌隊がルーツ。ウィーン北部の敷地内には、幼稚園、小学校、日本の中学校にあたるギムナジウムの下級校(5〜8年)があり、合唱団はギムナジウムの中から選抜される。10歳から14歳の少年約100人が在籍し、オーストリア出身がほとんどだが、日本人も数人いる。

 「声変わりすれば退団」などの厳しい規則、親元を離れる寮生活をするため、近年では入団希望者が減少傾向。年間300以上の公演の収益と寄付で同団体は運営されている。


 【関連記事】
ウィーン少年合唱団で団員に性的虐待疑惑
ウィーン少年合唱団 性的虐待 オーストリア 調べる

大阪・松原市の放火自供男、ウソと判明(産経新聞)
<自民党>栃木でネット投票 参院予備選(毎日新聞)
荻野さんに卒業認定書=学部長ら両親に手渡す−千葉大生殺害事件・兵庫(時事通信)
普天間の県外移設案検討も示唆 官房長官(産経新聞)
【寒蛙(かんがえる)と六鼠(むちゅう)】論説委員・長辻象平(産経新聞)

<患者骨折>カメラ設置後被害なし 看護師、体制強化察知か(毎日新聞)

 佐用共立病院(兵庫県佐用町)で患者6人の肋骨(ろっこつ)が折られた事件で、傷害容疑で逮捕された元看護師の羽室沙百理(さおり)容疑者(26)は、ダミーだった病院の防犯カメラに本物が増設されて以降、患者に危害を加えていないことが病院などへの取材で分かった。病院は「看護師らはカメラがダミーだとは知らなかった」としているが、県警佐用署は、羽室容疑者が病院の防犯体制強化を知って暴行を控えたとみている。

 病院などによると、ダミーカメラは連続骨折が起きる以前から病棟の廊下などに設置されていた。病院は08年12月に1人目の患者の骨折を確認。以降も相次ぎ、09年1月19日には2人の骨折を確認したことから、同28日から順次、廊下や重症患者の病室に計12台の本物のカメラを設置した。また、佐用署も病院からの相談を受け、同27日に捜査を本格化。19日以降は新たな骨折者はなかった。

 羽室容疑者は調べに対し、「患者が感謝の気持ちを示してくれない」などと供述しているという。【山川淳平】

【関連ニュース
<事件の一報>:寝たきり患者6人、肋骨を骨折−−兵庫の病院(2009年03月21日掲載)
<関連記事>兵庫・佐用共立病院の患者骨折:看護師を傷害容疑で逮捕 「6人ともやった」供述
<関連記事>兵庫・佐用共立病院の患者骨折:「骨折と死亡、因果関係」院長謝罪 全員が肺炎
<関連記事>兵庫・佐用共立病院の患者骨折:元看護師供述と骨の折れ方一致
監視カメラ:高性能化進む 紙幣番号判別 人物抽出開発中

「密約」長期間認めず遺憾=外交文書公開の対策本部設置−岡田外相(時事通信)
<衆院委>子ども手当法案を可決 高校無償化法案も(毎日新聞)
<北教組献金>小林千議員に任意聴取を要請 札幌地検(毎日新聞)
「政治家より偉い」橋下知事、自衛隊入隊予定者激励(産経新聞)
公務執行妨害で米兵逮捕=もう1人も酒気帯びで−沖縄県警(時事通信)

<4000万円詐取事件>桑名市課長、公告直後に現金要求(毎日新聞)

 三重県桑名市の課長が市の指名業者から現金4000万円を詐取したとされる事件で、市環境政策課長、太田耕史容疑者(53)=詐欺容疑で逮捕=が、同課発注工事の入札が公告された直後に名古屋市北区の廃棄物処理設備会社の社長(47)に現金4000万円を要求していたことが分かった。同社はこの入札に参加し、工事を受注していた。

 愛知県警は、太田容疑者が発注者の立場を背景に、金の提供を迫ったとみて追及する。

 太田容疑者は08年12月下旬、社長にアフリカでの架空の石油取引の話を持ちかけ「かなりの利益を見込んでいるが、取引は外貨建てで円に替えるのに時間がかかる。1カ月後に返す」などとうそを言って、現金4000万円をだまし取ったとして逮捕された。

 桑名市によると、同課が発注する市火葬場の関連工事の入札は08年12月18日に公告された。郵便入札方式で、翌09年1月7日までの間に入札を実施。同9日に開札した結果、唯一応札した同社が約67万円で落札した。

 県警によると、同社は環境政策課などが発注する市の工事を年間数百万円分受注しており、社長は県警の聴取に対し「課長が相手で断りにくかった」と話しているという。

 さらに太田容疑者は社長から現金をだまし取った際、借用書を作成したが、無利子無担保と有利な条件にしていたことも県警の調べで判明した。【秋山信一】

【関連ニュース
診療報酬詐取:元院長に懲役6年6月判決…地裁沼津支部
桑名市:課長を逮捕 指名業者から4000万円詐取容疑
詐欺容疑:ETC車種登録偽り、観光バス運行 千葉
詐欺容疑:社から1千万円、佐川急便元係長を逮捕 警視庁
バルチックカレー:運営会社に賠償命令 資金詐取を認定

体罰で中2男子肋骨にひび=校長「打撲にして」−長崎(時事通信)
<中2自殺>市教委がメモ公開 いじめの有無「確認できず」(毎日新聞)
<太陽>黒点の「たね」発見 両極に強い磁場(毎日新聞)
【同盟弱体化】第1部 美辞麗句の陰で(1)「もはや日本は極ではない」(産経新聞)
小林千代美議員、地検が参考人聴取へ(読売新聞)

北教組事件 民主、労組癒着のツケ(産経新聞)

 北海道教職員組合(北教組)の幹部らが、民主党の小林千代美衆院議員側に違法に選挙資金を提供したとして逮捕された事件は、労組ぐるみ選挙に安住し、反省を置き去りにしてきた同党の体質を改めて浮き彫りにした。過去には、山梨県教組(山教組)が輿石東参院議員会長の支援のため、組合員から集めた寄付金を収支報告書に記載しなかった政治資金規正法違反事件も起きているが、党内で自浄作用は働かなかった。そのツケがいま回ってきたようだ。(阿比留瑠比)

                   ◇

 ■丸抱え選挙、事件… 自浄作用働かず

 産経新聞は平成16年11月2日、この年の夏の参院選に向けて山教組の教員が、当時、党参院幹事長だった輿石氏支援のため組織的に選挙資金を集めていたことや輿石氏の後援会入会カード集めなど選挙活動を行っていたことを報じた。

 ところが、当時の岡田克也代表(現外相)は同日の記者会見で次のような“陰謀論”を展開し、問題を調査しようとはしなかった。

 「自民党なり某所が、民主党の政治とカネの問題について、何か(民主党への)対抗策がないかということで調査をしていたことは承知している」

 この問題は後に山教組の財政部長ら2人が規正法違反の罪で略式起訴され、罰金刑を受けたほか、校長ら24人が教育公務員特例法に抵触する行為があったとして懲戒処分などを受けた。

 にもかかわらず、輿石氏は不問に付され、それどころか小沢一郎代表(当時)によって、参院幹事長から参院議員会長へと昇格した。また、今夏の参院選後には「参院議長という名誉ある地位が待っている」(小沢氏)とされる立身出世ぶりだ。

 まるで党全体が、教組ぐるみの選挙活動を是認しているかのようだ。実際、鳩山由紀夫首相自身も幹事長時代の昨年1月、こうした問題を知りつつ、日教組の新春の集いに出席してこうあいさつをしている。

 「常日頃、民主党に対しご支援くださっていることに心から感謝します。日教組の皆さんとともにこの国を担う覚悟だ」

 この集会では、輿石氏自身も「教育の政治的中立などといわれても、そんなものはありえない」と述べている。教員に政治的中立を求める教育基本法や教育公務員特例法を無視する問題発言だ。

 民主党と教組のカネをめぐっては19年1月、角田義一元参院副議長が約2500万円の政治献金を収支報告書に記載していなかったとされる問題で、副議長を引責辞任したこともある。

 このときは、寄付受領が禁じられている外国人の団体である在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の商工会からの50万円のほか、群馬県教組600万円、輿石氏10万円−などのヤミ献金の存在が指摘された。

 ところが、民主党はここでも実態調査を行わないまま、角田氏を8段階の処分の中で2番目に軽い「厳重注意」処分にしただけ。鳩山幹事長は「これがけじめです。これで終わりです」とあっさり幕を引いた。

 こうしたなれ合いと労組依存体質が、政権与党となって改めて問われている。

民主“参院の乱” 身内から「公共事業を止めるな」(産経新聞)
北教組委員長「少し時間を」=1週間後、現金400万円−民主・小林議員側に(時事通信)
保護責任者遺棄で両親逮捕=4歳男児に食事与えず−埼玉県警(時事通信)
<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述(毎日新聞)
わいせつDVD製造グループ会長を逮捕 売り上げ23億円以上(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。